fbpx
ギフト株式会社

インナーブランディング/採用ブランディング

社会的評価の高さが引き起こす、理想と現実のギャップを解消する。

CLIENT
株式会社自遊人
成果物
行動指針 採用スローガン 採用ムービー 採用サイト オウンドメディア

OVERVIEW

雑誌「自遊人」で雑誌社としての地位を確立しつつ、突如新潟県の南魚沼に本社を移転。その後、里山十帖、箱根本箱、松本十帖などライフスタイルホテルのさきがけとなる宿泊施設の立上げ・運営など、独自の視点で時代の先頭を走ってきた株式会社自遊人様。今回は、採用支援をきっかけにインナーブランディングのお手伝いをさせていただきました。

地方でどのように採用を成功させるか。

自遊人は、代表の岩佐さんが学生時代に立ち上げた会社。それからおよそ30年。岩佐さんの哲学を軸に成長してきました。岩佐さんご自身もそうですが、里山十帖など宿泊施設もさまざまなメディアに取り上げられているため、採用上で魅力になるポイントはお持ちです。ただ、本社が南魚沼にあったり、勤務地も新潟、箱根、松本など遠隔地となるため、敬遠される部分もある。その部分をどう乗り越え、メリットもデメリットも含めて好きになってもらえるかを考える必要がありました。

自己実現を夢見る人ほど、やめていく。

メディアに映る自遊人はとてもキラキラしています。共感できる思想、ステキな建物、明確なビジョン。あこがれから入る人も多いですが、実際中に入れば仕事は想像以上に大変です。たとえば地方都市が自力で経済圏を成立させるためのプロジェクトを動かす。新潟にいながらにして、東京と同じレベルの成果を出す。その難しさは、都心を離れてワーケーション的に働きたいくらいの覚悟ではとても乗り切れるものではないのです。この会社に入れば、自分もステキになれるんじゃないか。そんな期待をして入ってくる人が多い一方、そういう人はすぐに辞めていくのでターゲットではないというお悩みがありました。

人が増えてきて、本質が伝わらない。

これまでは目の行き届く小さな施設で、声の届く距離、温度が伝わる関係性で事業を展開してきたものの、松本十帖という大きな施設を開業することにより、社員・アルバイト含め一気にメンバーが倍近くに増えました。自遊人施設は、宿泊施設でありメディア。よって接客は、プレゼンテーション。対応は現場で考えて行う必要があるため、マニュアルはつくらない方針でした。しかしマニュアルがなくても成立するのはものの本質を捉えている場合。時間をかけて一人ひとりに向き合う事ができない規模で、本質を理解して働いてもらうために必要なのは、「インナーブランディング」でした。

自遊人十条(価値観の言語化)の作成

これまで、岩佐さんが話してきたことにブレはありません。ミッションとして掲げている「想像力で社会貢献を目指す」も、創業時から変わらず貫いてきた信念です。その時その時のトレンドであったり、考えるべき優先順位によって、意味を伝えるための表現が変わったりしてきたことはありましたが、本質は同じ。けれど、受け取る言葉じりが違うと、いつも近くで話をしている人ならばまだしも、会ったことがない人もいるなかでは、認識や解釈の齟齬が生まれます。そのために、ミッションから紐解いた会社の価値観を、一度しっかりと言語化することに。岩佐さんへのインタビューと対話を繰り返しながら、仲間たちと共有したい考え方、また採用する上での基準となるモノサシが生まれました。また、働くメンバーのみなさんとの親和性を考え。ネーミングは里山十帖、松本十帖など施設のネーミングになぞらえ「自遊人十条」としました。

採用スローガンの作成

ミッション「想像力で社会貢献を目指す」を、採用における適正なメッセージに落とし込みました。今、自遊人が実際に行っているビジネス。目指していく未来。そのために必要なターゲットの明確化。そんなターゲットが響いてくれるポイントはどこか。あらゆる点を考え、議論しながら落とし込んでいったのが、「地方から、豊かさの意味を変えていく。」でした。食の安全、持続可能性、地方創生。これまで自遊人が提案してきたあり方に、世の中は近づいてきたけれど、さらに自遊人は先をゆく。これからの日本の未来は、地方を豊かにすること。また、豊かさ自体を金銭的な充足ではない新たな価値観として提案し、根付かせていくことが、自分たちがやっていくべきビジネス。そんな想いをメッセージに込めました。

採用サイトの作成・記事制作・運営

自分たち自身が雑誌社として、メディアを手掛けてきたからこそ、宿泊施設もメディアと捉えて情報を伝えていく自遊人。その思想をWEBにも投影するために、採用サイトもメディアとしてWEBマガジン化することをご提案。きれいなことはマスコミや取材を通してある程度情報が世間に出回っている。それよりも伝えたいのは、現場のリアルや温度感。メンバーを主体に、仕事だけでなくプライベートも含めて、どんどん記事が増えていき、何度も見に行くきたくなるようなサイトづくりを心がけました。

https://jiyujin.co.jp/recruit/

TAGS

#オウンドメディア#バリュー#コンセプト#スローガン#行動指針#WEBサイト

MORE WORKS