メニュー

人をつなぐブランドデザイン ギフト株式会社

ギフト株式会社 TOP事例紹介株式会社高橋仮設 CIプロジェクト

事例紹介CASE STUDY

株式会社高橋仮設 CIプロジェクト

CATEGORY

-BRANDING
-CREATIVE

足場の本質的価値を言語化する。

株式会社高橋仮設 CIプロジェクト

*企業理念の言語化

新潟市で仮設業(足場)営む、高橋仮設。気合や根性で長時間労働を乗り切るスタイルが恒常化している業界において、計算と仕組み化で徹底的に無駄を排除し、低コスト・高品質・労働環境改善を実現されていました。根拠はある。考えがある。伝えたいこともある。ただ、それをどう表現すると社員や世の中に伝わるのか。もやもやした頭の中を一度整理し、企業理念を言語化することで自分たちの考える本質的な価値を見える化したいとご依頼いただき、ブランディングプロジェクトがはじまりました。

*チームセッション

会社の存在意義はなにか。まずは、社長の半生を細かくヒアリングしながらアイデンティティを抽出。育ってきた環境。与えられた影響。経験。考えたことなど、さまざまな視点から、企業らしさの元になっている原体験を知ることからはじまりました。その後は、プロジェクトチームによるセッションを繰り返し、自社の存在意義(ミッション)を言語化するとともに、目指す姿(ビジョン)、提供価値(バリュー)を言葉に落とし込みました。

そこから見えてきたのは、自分たちが仮設を通して提供したかった「価値ある時間」。一緒に働く仲間、お仕事をいただくお客様。すべての関わる人にとって、価値ある時間を提供するために、あらゆるアイディアや工夫が生まれていました。業界の常識を疑うこと。当たり前を当たり前として流さないこと。ふだん無意識にやっていることが、言語化できたことで「スッキリした」との感想をいただきました。

この「スッキリする」という感覚はブランディングを行う上では、数字には換算できないですが、非常に大事な成果です。

セッションの様子
セッションの様子
*理念発表イベント

新年会のタイミングに合わせて、新理念を社内に発表。普段はデスクワークのあまりない現場職のみなさんも巻き込んで、グループワークを実施しました。「価値ある時間とは」「自分の仕事が価値ある時間に変わったと言える経験は」「今後の仕事で意識したいことは」など、改めて普段を振り返りながら、年初の決意を新たにする機会となりました。

理念発表イベントの様子
理念発表イベントの様子
*企業ロゴ/名刺・封筒

本質的な価値を追求する企業として、ムダを徹底的に省いたシンプルな企業ロゴをデザイン。高橋のT、時間(time)のTをモチーフとしながら、仮設をイメージさせる足場の形をしたロゴマークを作成しました。

企業ロゴ
企業ロゴ
名刺・封筒
名刺・封筒
WEB

高品質・低価格など、自社の特徴とされるものにはすべて根拠をセットで掲載。ただ、大きい物件を手がけましたということだけではなく、どうやってそれを実現したか、アイディアと結果も含めて出すようにしました。また、求人情報に関しても、高待遇の内容と理由をすべて掲載。グレーな見せ方が多い業界だからこそ、よりクリアに、自信を持って伝えていくことで差別化をはかりつつ、業界全体の底上げを意識しました。

真摯な姿勢が伝わるビジュアル
真摯な姿勢が伝わるビジュアル
仕事の価値の根拠を必ず掲載する実績
仕事の価値の根拠を必ず掲載する実績
採用情報にも給与の詳細や根拠を記載
採用情報にも給与の詳細や根拠を記載

高橋仮設オフィシャルHP

その他の採用ブランディングの事例を見る